行政書士が実際に使って良かった会計ソフトを3つご紹介します

1000万円稼ぐ経営
  • 「開業したばかりだから会計ソフトは使わなくてもよい」
  • 「まだ売上が少ないから会計ソフトは使わなくてもよい」
  • 「とりあえず確定申告まではエクセルで入力していこう」

上記の考え方、全て間違いです。
後で大変な作業が待っています。

どこかのタイミングで会計ソフトを導入する予定なら、今から導入すべきです。
データ移行や、新たにソフトのことを1から覚える手間がなくなります。
業務がいそがしくなると、会計のことに時間つかうことが難しくなります。

この記事で紹介する会計ソフトは、行政書士だけでなく他の士業でも使い勝手の良いものとなっています。

マネーフォワード
弥生会計
freee
費用(税抜き)個人向けパーソナル
年額プラン
980円/月
(年額 11,760 円)

月額プラン
1,280円/月
セルフプラン
全ての機能が 1年間無料でお試し
次年度は、8,800円/年
スタンダード
年払い
1,980円 / 月
23,760円/年

月払い
2,380円/月
サポート無料オンライン相談電話
メール
オンライン
チャットサポート優先対応
確定申告
銀行・クレジットカードとの連携
対象2,400以上

対象2,500以上

対象3,200以上
その他特徴AIで自動入力自動仕訳
初期費用\0
1ヶ月無料トライアル
インボイス制度・電子帳簿保存法にも対応
レシートはスキャンするだけで自動仕訳
アプリでも取り込み可能
確定申告は〇×の質問に答えるだけ
スマホからでもスキマ時間に入力完了

会計ソフトを使うメリット/デメリット

行政書士が会計ソフトを使用することでのメリット/デメリットをみてみましょう。
結論から言うと、デメリットはほとんどありません。
会計ソフトは導入するか迷うものではありません。「導入する」の一択です。

メリット

  • 業務の効率化ができる
  • 税制度の改正に対応できる
  • 税理士との連携が楽になる
  • 経営の見直しができる

日々の業務については、どうすれば効率化できるか考えていると思います。
会計ソフトを導入することによって、業務以外の雑務(経費の処理や入力)も可能な限り効率化しましょう。

スマホやスキャナーから入力でき、会計ソフトは時間効率は抜群です。
また、税制改正への対応や税理士との連携は、会計ソフトで対応できます。

会計ソフトを使うことで、月次決算や四半期決算などいつでも確認することが可能です。

デメリット

  • 使用料がかかる
  • セキュリティやデータ漏えいの可能性がある

使用料はどうしてもかかります。
しかし、費用対効果でみるとプラスになることを実感できます。
事務所の会計処理で時間をかけるくらいなら、本業に時間をかけるようにしましょう。

セキュリティやデータ漏洩についても、各会社のサポートが充実しており、クラウドで使用する会計ソフトはむしろ安全であると言えます。

使って良かった会計ソフト3選

マネーフォワード
弥生会計
freee
費用(税抜き)個人向けパーソナル
年額プラン
980円/月
(年額 11,760 円)

月額プラン
1,280円/月
セルフプラン
全ての機能が 1年間無料でお試し
次年度は、8,800円/年
スタンダード
年払い
1,980円 / 月
23,760円/年

月払い
2,380円/月
サポート無料オンライン相談電話
メール
オンライン
チャットサポート優先対応
確定申告
銀行・クレジットカードとの連携
対象2,400以上

対象2,500以上

対象3,200以上
その他特徴AIで自動入力自動仕訳
初期費用\0
1ヶ月無料トライアル
インボイス制度・電子帳簿保存法にも対応
レシートはスキャンするだけで自動仕訳
アプリでも取り込み可能
確定申告は〇×の質問に答えるだけ
スマホからでもスキマ時間に入力完了

マネーフォワード

無料の会計自動化ソフト マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワードクラウド会計は、基本料金で会計、確定申告、給与、社会保険、マイナンバーなどがひとつで効率化できるソフトです。

  • 自動入力で経理が楽ちん(AI学習で使うほど楽になります)
  • 銀行やクレジットカードも連携できます
  • 税理士とのやり取りがスムーズ

入力画面も使いやすく、機能が充実しています。
インボイス制度にも対応していて、今後ますます使いやすくなってきます。
1ヶ月の無料トライアルもあるので、実際に使って試すことができるので安心です。

他にも次のような特徴があります。

  • 自動入力で経理がラクに。自動連携数も国内No1
  • ユーザー満足度93%
  • 全ての機能を利用できるトライアル期間

無料の会計自動化ソフト マネーフォワード クラウド会計

弥生会計

やよいの青色申告オンライン

行政書士には、エントリーモデルの「弥生会計 オンライン」がおすすめです。
簿記の知識がなくても簡単に帳簿をつけることができます。

  • 自動入力に対応している
  • 価格が安い
  • サポートが充実している

入力画面がわかりやすく、本当に知識がなくても簡単に使うことができます。
e-Tax(電子申告)にも対応していて、まだ確定申告を自分でやっている行政書士にはおすすめです。
1年間も無料お試しができるプランがあるので、しっかりと使ってから判断できます。

他にも次のような特徴があります。

  • クラウド会計ソフト利用シェアNo.1
  • ダントツの価格メリット
  • 業界最大規模のカスタマーセンターによるサポート力

起業家応援キャンペーン

freee

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

freee会計は、使い方が簡単で確定申告を大幅に時間短縮できます。

  • 金融機関やカード会社などの連携は、3,200以上
  • 確定申告書は、質問に○✕で答えるだけ
  • 請求書、見積書も作成可能

チャットサポートが便利ですぐに疑問点を解消できます。
Macからの電子申告にも対応しているので、Macユーザーにおすすめです。

【会計ソフトfreee(フリー)】

会計ソフトがなかったら業務効率が悪化する

例えば、月の使用料がもったいなからと会計ソフトを使わない場合、経費入力はExcelですることになります。
Excelで経費だけを管理するのであれば問題ないかもしれませんが、四半期決算を確認したい場合や確定申告の場合はその都度特別な処理をしなくてはいけません。
会計ソフトならボタンをクリックするだけなので、時間効率がまったく違います

記帳代行業務をするなら会計ソフトは必須

行政書士の業務で「記帳代行」があります。
記帳代行の業務を請け負うことができると、その会社の許認可は間違いなく受注できます。

記帳代行は客先と密に繋がる重要な業務であるので、可能であれば受注したい業務の1つです。
会計の知識もそれなりに知っていればいけないので、自身の事務所運営では会計ソフトを使って会計のことをしっかりと勉強しておきましょう。

月次の管理、確定申告で楽できる

「ここ数ヶ月経費が多くかかっているな」
「確定申告の準備しなくてはいけないけど、業務もあり時間がとれない」

事務所運営での決算の確認や確定申告は、あまり時間をかけたくありません
ためてしまいがちな経費の入力も、会計ソフトであればスキャンしてすぐに終わります。
会計ソフトで月次の管理も確定申告も、あまり手間をかけずに終えることができます。

経営分析できる

事務所運営で大切な経営分析も会計ソフトがあれば楽にできます。
前年度と比べてどうだったかが、ボタンひとつで確認できます。

私が一番おすすめするのは「弥生会計」

会計ソフトを行政書士が使うメリットをご紹介しました。

  • 業務の効率化ができる
  • 税制度の改正に対応できる
  • 税理士との連携が楽になる
  • 経営の見直しができる

実際に使って良かった会計ソフトを3つご紹介しましたが、個人的に一番おすすめは、弥生会計です。

初年度0円キャンペーンを実施しています。
「やよいの青色申告 オンライン」を使えば、従来のe-Taxに比べて少ない手順で確定申告をすることができます。
やよいの青色申告オンライン

画面が見やすく、使いやすいのでストレスがありません。
しかも、料金も安く、今ならセルフプランで全ての機能が1年間無料でお試しできます。
今回の3つの会計ソフトの中では年額も一番安いのもおすすめポイントです。
まだ、会計ソフトを使っていない方は、ぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました