行政書士の開業資金を大公開!自宅開業での内訳と必要な資金は100万円

稼ぐための開業準備
こんな疑問がある人におすすめ

「行政書士を開業するには、資金をいくら準備すればいい?」
「行政書士を自宅で安く抑えて開業したい」
「将来、開業するために開業資金と内訳が知りたい」

これから開業する方に向けて、こんな疑問を解消します。
私が実際に開業した時にどのくらい費用を使ったのか、参考にしてみてください。
今の貯金でたりるのか?想定している準備で開業ができるのか?がわかります。

自宅開業での資金内訳

行政書士事務所を費用を抑えて開業するには、自宅開業が一番です。
自宅を事務所で使うことができない理由がある方は、別に事務所を準備しなければいけません。
自分の経験や同僚行政書士に聞いてみても、自宅開業がおすすめです。

実際にかかった費用

実際に自宅で開業するためにかかった費用は次の通りです。
合計61万円でした。

登録費用、会費(入会金等)37万円
手数料、印紙代(登録申請手数料、印紙代、住民票など)6万円
印鑑代(職印)1万円
看板代(事務所看板)1万円
保険料(行政書士保険)1万円
文具代(スタンプ、A4用紙、デスク周り備品)6万円
書籍代(専門書など)3万円
電子証明書(電子申請用)1.5万円
交際費(打合せなど)1.5万円
交通費(ガソリン代)2万円
雑費(証明写真など)1万円
合計61万円
開業までに実際にかかった経費

事務所を借りる場合

経験から言うと、最初に事務所を借りることはおすすめしません。
自宅開業をおすすめします。

自宅開業事務所を賃貸する場合
メリット・賃料がかからない
・最低限の費用で開業できる
・来客の案内をしやすい
・仕事に集中できる
デメリット・来客に気をつかう
・オンオフの切り替えが難しい
・賃料がかかる(毎月数万円~、入居費用)
・デスク、備品、文具など揃えるものが多い

メリット、デメリットを考えると、1番は費用面で自宅開業が良いことがわかります。
自宅でできない理由がある方は、シェアオフィスなどで費用を抑える方法を検討してみると良いです。

開業当初は、資金に余裕がありません。
打合せは基本的に客先へ訪問すれば、来客はめったにありません。
事務所運営が軌道にのるまでは、オンオフの区別なく常にオンで仕事をすることになります。
これが、自宅開業をおすすめする理由です。

開業後に必要な費用

行政書士事務所を開業して、すぐには売上があるとは限りません。
ある程度の余裕資金を持っていないといけません。
どの程度の資金が必要か確認してみましょう。

運転資金

事務所運営では、運転資金が必要となります。
立替金を支払うことが多く、開業当初は気をつけないと資金がショートしてしまいます。
私の開業当初の運転資金は次のとおりでした。

かかった経費(生活費や給与は除く)
開業1ヶ月目5万円
2ヶ月目7万円
3ヶ月目8万円
4ヶ月目7万円
5ヶ月目15万円
6ヶ月目8万円

経費は、立替金、交通費、打合せ代です。
自宅開業でもこれだけの経費がかかります。
7ヶ月目からは、仕事も順調にもらえるようになり月の経費は15万円くらいに落ち着きました。
事務所を借りるとこれに上乗せされるので、開業当初から賃貸するとなかなか厳しい懐事情になります。

生活費や給与

上記の経費には、生活費や給与は含んでいません
生活費は家庭によって違うので、毎月の必要な金額を計算してみましょう。

仕事が増えてくると、従業員が欲しくなります。
パートさんを雇うとしても、時給は900~1,000円くらいは必要です。
1日3時間の週3として、月額で4~5万円がかかります。

準備したい開業資金は100万円が最低ライン

私の場合は開業資金61万円で、何とかなりました。
しかし、この金額での開業はあまりおすすめしません。
最低限必要となる開業資金の内訳を計算してみましょう。

最低限の開業資金の内訳

準備したい開業資金の条件は、次の通りとします。

事務所:自宅開業
パソコン:既にあり
机、椅子:既にあり

内訳私の事例準備したい金額
登録費用、会費(入会金等)37万円37万円
手数料、印紙代(登録申請手数料、印紙代、住民票など)6万円6万円
印鑑代(職印)1万円1万円
看板代(事務所看板)1万円1万円
保険料(行政書士保険)1万円1万円
文具代(スタンプ、A4用紙、デスク周り備品)6万円10万円
書籍代(専門書など)3万円5万円
電子証明書(電子申請用)1.5万円1.5万円
交際費(打合せなど)1.5万円3.5万円
交通費(ガソリン代)2万円3万円
雑費(証明写真など)1万円3万円
合計61万円72万円

あくまでも開業までの資金になります。
開業後の運転資金や生活費は別途用意しなくてはいけません。

運転資金と生活費はどんなに安く見積もっても月15万円は必要になります。
立替金は事前にもらうなどして、資金がショートしないように工夫しましょう。

開業までの資金 72万円 + 運転資金と生活費(2ヶ月分) 30万円 = 102万円

これが最低限の開業資金の内訳となります。

資金の準備方法

では、開業までの資金100万円をどう準備するか?
これまで知り合いも含めて開業した行政書士から確認した方法は3つです。

  • 頑張って貯金する
  • 親から借りる
  • 政策金融公庫などから借入する

頑張って貯金する

まずは自身で貯金して貯めましょう。
事務所運営をすると、もっと大きなお金を動かすことになります。

試験後から合格発表まで約2ヶ月、合格発表から開業まで最短でも2ヶ月で合計4ヶ月あります。
高単価の短期バイトなどで頑張って開業資金を稼ぎましょう。

私の場合、この4ヶ月でバイトを掛け持ちし、なんとか資金を貯めました。
昼のバイト、夜のバイト、週末のバイト、探せば色々あります。
今ならクラウドソーシングで在宅ワークを探してみるのもよいでしょう。

親から借りる

これもよくある開業資金の捻出方法です。
場合によっては援助(返さなくてもよい)という方もいるかもしれません。

この場合、贈与にあたる可能性もあります。
身内でも「借用書」など書面を作成しましょう。
契約書をメイン業務とする方は、業務の1つとして作成してみてもよいですね。

政策金融公庫などから借入する

どうしても資金を準備できない場合の選択肢として、政策金融公庫があります。

個人的にはあまりおすすめしません。
開業当初は、仕事があるとは限りません。
安定して稼ぐことができるようになるまで、何ヶ月かかるかもわかりません。
仕事があるかどうかわからない状況で、毎月の返済があることは厳しくないですか?
「返済のために仕事を頑張る」、これも立派な仕事の動機になりますが無理をしない開業を目指すのが良いです。

初月から稼ぐ方法

周りの人に自分が行政書士であることを知ってもらう

家族や知人に自分が行政書士として独立開業することを伝えましょう。
「まずは、自分が行政書士であること」を知ってもらわないといけません。

行政書士は、どんな仕事をする職業なのか?
自分はどんな業務をメインで取り扱うのか?

相談してもらうことが仕事を受注する第一歩です。

ホームページを作成する

営業活動が苦手な方も多いと思います。
そんな方におすすめはホームページの作成です。

問い合わせが来る!行政書士が集客するホームページの作り方

ホームページを作成することで、自分の強みやメイン業務について改めて考えることになります。
営業が苦手でもホームページでしっかりとアピールすることができれば、依頼がきます。

売上の目処があれば100万円以下でも開業できる!

開業前からしっかりと営業ができていれば、初月から売上が見込めます。
売上の目処があれば、事務所を借りて開業することも可能です。

  • 準備したい開業資金は100万円
  • 売上の目処があれば60万円程度でも開業可能
  • 自宅開業なら100万円なくても開業可能

開業前からホームページを準備しておくことも重要です。
時間がある開業前のうちにホームページを作成して、売上を上げる準備をしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました